初心者にオススメしたい電子ドラム!!【Alesis】SURGE MESH KIT




“はいけい”
こんにちわ!サンドクリエイターのはいけい( icon-twitter @three_tone_)です。

ドラマーの皆さんは自宅でドラムを練習するとき、どんな方法で練習していますか?

練習方法は様々だとだと思います。

代表するドラムの自宅練習方法としては

  • ドラム用の練習パッドを叩いてスティックコントロールの精度を上げる。
  • 電子ドラムを使って本物のドラムと同じような環境で練習する。
  • 大きな音を出して良い環境だから生ドラムで練習する。
  • ジャンプや雑誌を積み上げて自作ドラムで練習する笑

…などなど

練習する場所がないからってさすがに外は無いか笑

実は私高橋は「ライブでドラムを叩いてくれないか?」と依頼がありました。

しかし、僕は普段ギターしか触ってないのでドラム叩く環境なんてありません!!

「じゃーどーすんだよ!」ってことなのですが、この度思い切って電子ドラムを導入してみました!!

“ポン吉くん”
ずいぶん思いっきりましたね笑
“はいけい”
それが使い心地・コストパフォーマンスも含めてオススメなドラムがあったんですよ!

その名も、電子ドラム【Alesis】SURGE MESH KIT!!

電子ドラム【Alesis】SURGE MESH KIT (ALESIS公式ホームページより引用)

それでは、電子ドラム【Alesis】SURGE MESH KIT とはどんなものなのか紹介してきましょう!

【Alesis】SURGE MESH KITの特徴

サイズ

説明書には約 1470mm x 1120mm x 1830mmと記載されています。

が!

“はいけい”
実際にドラムを組み上げた状態でサイズを測ってみました。

畳1帖1820mm×910mmと電子ドラム本体を比較

畳1帖(1820mm×910mm)と比較してみました。

電子ドラムが1帖以内で収まることが分かりますよね?

6畳部屋でも広い場所を取ることなくコンパクトに収めることができます!

実際にドラム本体を部屋に設置してみたところです。

“はいけい”
写真で見ると大きく見えますが、実際ドラムを置いているスペースは畳1帖分くらいのスペースです。

静粛性

この【Alesis】SURGE MESH KITは、スネア・タム・キックの打面が全てメッシュ素材になっています。

全ての打面にメッシュ素材を採用

ゴムパッドの電子ドラムと比較すると打撃音が抑えられてとても静か!!

実際叩いている動画がこちらです。

キックの場合、もしゴムパッドだと地面に響いて騒音がすごいです↓

“ポン吉くん”
これだと同居している奥さんから怒られることが想定できますね↓

しかし、キックもメッシュ素材なのでゴムパッドと比べて振動が控えめです。

“はいけい”
これは肩身の狭いドラマーお父さんにはとても嬉しいですね!

叩いたときの感触

組み立て後さっそく試奏してみましたが、若干打面のテンションが柔らかめだというのが率直な感想です。

しかしこのメッシュ素材のドラムは、付属のチューニングキーで打面のテンションを上げれるということが判明!!

チューニングキーを使って打面のテンションを変えることができます。

さっそくメッシュヘッドのテンションを変えてみた結果、だいぶ生スネアの感触に近づきました

テンションの張りは個人のプレイによって変わると思うのでご自身で好みの調整にした方が良さそうです。

自前のドラム用のチューニングキーも対応できます!

セットの構成

ドラムとしてはオーソドックスな構成です。

ドラム構成はごく標準的な組み合わせです。

ドラム構成

  • スネア(10インチ”デュアルゾーン・メッシュ)
  • タム3つ(8インチ”デュアルゾーン・メッシュ)
  • ペダル付きキック(8インチ”メッシュ)
  • ライド・シンバル
  • チョーク機能付きクラッシュシンバル、
  • ハイハット

しかし、安価な電子ドラムと違うのはシンバルにチョーク機能があることです。

チョークとは、チョークはクラッシュシンバルを叩いた後にすぐに手で掴んでミュートすることです

シンバルの裏側(親指で触っている部分がチョークを感知するセンサーです。)

“ポン吉くん”
シンバルの音をチョークできるので音楽性の幅がグンと上がりますね!

また、シンバルやタムを拡張することもできます!

Alesis(アレシス) / 12”シンバル拡張キット

標準の構成で満足できない人は拡張できるのでドラム構成の自由度が高めですね。

音質・音色

Surge Mesh Kitの音色を決めるのがSurgeドラム・モジュールです。

中核であるSurgeドラム・モジュール

収録されているドラムキットの音色はヴィンテージドラム、ロック系ドラム、エレクトロニックな打ち込みまで様々なジャンルの音色があります。

中にはドラム音ではない音程のあるサンプル(ベース、ピアノ、 ビブラフォンなど)も収録されています。

さまざな組み合わせでキットを作成・保存ができるので練習やライブ、レコーディングなど色々な環境で使えると思います。

【Alesis Surge Mesh Kit】のデモ動画で確認できるので是非参考にしてみてください。

そして、このドラムの中核とも言えるドラムモジュールですが説明書には40のドラムキット(01〜24のプリセット・キット、25〜40のユーザー・キット)記載されています。

これはどういうことかと言うと初期状態では40種類のドラムキットが収録されています。

そのうち01番から24番までがエレクトロからヴィンテージサウンドのドラム、いろんな種類のドラムが収録されています。

そして25番〜40番が自分で各パッドに設定した音色をキットごとに保存できます。

“はいけい”
いろんなシチュエーションを想定してオリジナルのキットを組み込むことができるので場所を選ばないプレーができますね。

最初のうちはリムの感度を抑えた方が良さそう

“はいけい”
叩いてみた感想ですが生ドラムと比べていかがですか?
“ポン吉くん”

打面を叩くときの強弱をしっかり認識してくれるのでフラムやロール混ぜ合わせたフィルがしっかり叩けます!

これイイですね!

ただ…

“はいけい”
ん?ただ?
“ポン吉くん”
リムショットも感知してくれるのは嬉しいのですが、感度が強くてリムのつもりじゃないのにたまに感知してしまいますね汗

リムの強弱までしっかり認識してくれます。

“はいけい”
ユーティリティ設定リムショットの感度を調整できるので安心してください。

※初期状態では感度が強いみたいなのでリムの感度が気になる人は抑えた方がいいかもしれませんね。

機能

このSurgeドラム・モジュールですが、入出力端子が豊富でどんな環境にも対応できるようになっています!

まずこの本体の裏側を見てみましょう!

一番左の端子から順番に【USB、MIDI Out、MIDI In、TOM端子、シンバル端子、ライン出力LR、Aux In】

“ポン吉くん”
こんなにたくさん!機械オンチな僕にも分かるかなー。
“はいけい”
用途によって使う端子が違いますが、各端子の意味を理解するとそんな難しくないですよ。

USB端子を使ってリアルタイムで打ち込む

一番左の端子から説明していきます

【USB端子】は主にパソコンにつなぐための端子です。

これをパソコンに繋ぐことによってDAWソフト内のドラム音源ソフトを電子ドラムと同期してリアルタイムで演奏することができます。

例えば、[BFD3][EZDrummer]などドラム音源ソフトがありますよね?

本物の生ドラムのような音を打ち込みできるドラム音源ソフト

これらのソフトは大体鍵盤キーボードやマウスを使って打ち込むのが主流です。

しかし、画面上のMIDIエディタでMDIノートを打ち込むのは細かい調整をすることができるので便利ですが、慣れと時間・労力が必要です。

ドラムやシンセを打ち込むMIDIエディタ画面

そこで電子ドラムとパソコンをUSB端子で繋げることによってリアルタイムで電子ドラムを叩いて打ち込むことが出来るようになります。

ローランド公式HPより引用

“はいけい”
そうすることで本物のようなドラムの音でレコーディング・作曲をすることができるんです!
“ポン吉くん”
究極の直感操作方法ですね!ドラムを叩くことに慣れている人だとスムーズに作曲編曲が進みそうですね!

MIDI端子に繋いで外部モージュールを操作

SURGEモジュールと外部シーケンサーの MIDI端子を使って繋ぎ合わすことができます。

MIDIケーブルを使って外部シーケンサーと電子ドラムを繋ぐ

そうすることでSURGEキットのパッドを叩いて、外部シーケンサー機器のサウンドを鳴らせるようになります。

逆に外部シーケンサー機器からSURGEモジュールのサウンドを鳴らすことも可能です。

“ポン吉くん”
EDM系の打ち込みの曲に役立ちそうですね!!

外部シーケンサー(KORG SQ-1など)を電子ドラムにつなぎ同期することができる

補足

MIDI端子を使って外部モジュールを操作するためには、標準的な 5 ピン MIDI ケーブル(別売)が必要です。

音源を流しながら演奏する

AUX IN 端子にスマートフォンや携帯音楽プレイヤーを接続して音源を流しながらドラムを叩くことも可能です。

1/8 ステレオミニジャックを使って音楽再生機器と繋げる

補足

スマートフォンや音楽再生機器を再生するためには、1/8 ステレオミニジャックケーブル(別売り)が必要です。

“はいけい”
僕の愛娘もバシバシ曲を聴きながらドラム叩いてます笑
“ポン吉くん”
お!様になっていますね!がんばれー!

また、メトロノーム機能レコーディング機能を装備しています。

クリック機能をONにすることでクリック音に合わせながら演奏できます。

“はいけい”
クリックを聴きながら基礎練習をしたり、実際の演奏を録音して聴き直したりすることがボタン1つですぐにできるので自主練習用のドラムとして非常に優秀なドラムモジュールですね!

Alesis Surge Mesh Kitを組み立ててみよう

それではお待ちかね!

さっそく届いた状態から一緒に組み立ててみましょう!

開封の儀

“はいけい”
届いた状態です、とにかくデカイ!笑

部屋に持ち運ぶのが大変でした笑

“ポン吉くん”
いよいよですね!

よーし!開けてみます!

“ポン吉くん”
うわーダンボールがぎっしり!!
“はいけい”
こりゃ大変笑 とりあえず取り扱い説明書をよく読みながら進めていきましょう笑

まず、ドラムのフレームから組み立てていきます!

並べてみるとこんな感じ。

ジョイントはすでに付けてくれています。

アルミ製なので意外と軽い!

微妙に長さが違うシャフトもあるので間違えないように組み立てていきましょう。

フレーム完成!

付属のチューニングキーを使ってジョイントを締め付けていきます。

ここまで10分くらいで出来上がりました!

“はいけい”
フレームがとてもしっかりしているので演奏してもズレたりパーツが外れたりすることはなさそうです。

次にタムやスネアを取り付けるためのシャフトですね。

スネア用、タム3つ用の4本です。

“はいけい”
どれも長さが一緒なので迷うことなくどんどん取り付けていきます。
“ポン吉くん”
今取り付けたシャフトにタムやスネアを取り付けていくわけですね?
“はいけい”
そうですね。

スネアは10インチ、タムは8インチの大きさなので間違えないように取り付けてましょう!

 

スネアとタムは若干大きさが違うので注意。

“ポン吉くん”
かっこいい…

次にシンバル(ハイハット、クラッシュ、ライド用)3枚です!

どれも同じように見えますが裏側を見るとこのようにシールが貼られています。

【WITH CHOKE】と書かれているシンバルがクラッシュとライドなので間違えないように取り付けます。

背面のシールでハイハットとクラッシュの違いがわかります。

シンバル系を取り付けた状態です。

完成までもう少し!

次はペダル系を設置していきます!

なんとこのAlesis Surge Mesh Kitは親切なことにキックのペダルが同梱されてます。

“はいけい”
買ったその日からすぐに始めることができるので、初心者ドラマーには嬉しいかぎりです。

キックのペダルが同梱

ペダルを設置するときに気をつけてほしいのですが、裏を見ると何やら滑り止めのような突起物があります。

ペダルの裏には滑り止め用の突起物とマジックテープがある。

この突起物、意外と先っぽが尖っているのでドラムの下には「じゅうたん」か「マット」を敷いた方が良いです。

もしフローリングやタイルにそのまま置くと傷がつく恐れがあります

次はSurgeドラム・モジュールの取り付けです!

Surgeドラム・モジュール本体

この本体とパッドを専用ケーブルでつないできます!

9本のシールドが1つにまとめられている配線が専用ケーブルです。

Surgeドラム・モジュール用専用ケーブル

“はいけい”
メス側がコネクタで1つにまとめられているので取り付けが楽です!
“ポン吉くん”
ケーブルの接続先を1つにまとめてくれると接続先を間違えることが少なくなるからいいですね!

コネクタをSurgeドラム・モジュールに接続します。

あとは、各ケーブルをパッドにつないで完成!!

“ポン吉くん”
ついにできた——!!!

組み立て完成!

“ポン吉くん”
んーでも、配線が本体の後ろでぶら下がっているのが気になりますね

ケーブル用結束バンドも同梱されているのでこれで綺麗に配線しましょう!

同梱されているケーブル用結束バンド

“ポン吉くん”
なんという気遣い!!よし、これで配線を隠して綺麗に見えますね

配線がぶら下がっている部分をフレームと一緒に固定します

配線の垂れ下がりが気になる部分を固定したら、ようやく完成です!

“ポン吉くん”
次こそ完成だー!

ジャーン!!ついに完成!!

ここまでだいたい30分くらいで組み立てることができました。

今回は説明書を確認しながらの作業だったので少し時間がかかりましたが、次組み立てるときはもっと早く組み立てることができると思います。

まとめ

いかがでしたか?

【Alesis】SURGE MESH KITはこんな人にオススメです!

オススメ

  • 家で大きな音を出さずに思いっきり練習したい!
  • とにかく買ったその日から使いたい!
  • ライブやレコーディング、個人練習など様々な環境で使いたい!

ひと昔前は電子ドラムはパッドがゴム製で全然静かではありませんでした笑

その当時、静粛性の高いドラムだと何十万円もする値段なのでとても買えるものではありません。。。

でも今では、すべての打面がメッシュ素材のドラムが6万円台で買える時代なので初心者でも手軽にドラムを始めることができます。

“はいけい”
何より自宅や自分の部屋で周りに迷惑かけることなく練習できるのが一番大きなメリットではないでしょうか。

ドラムだけじゃなくギターやボーカルなどにも言えることですが、自分の技術を高めるためには本番に近い環境で練習してフレーズの精度を高める必要があります

とは言え、ドラムはアコースティックな楽器で音も大きので一般の家庭に置くことは難しいですよね?

でも、電子ドラムを導入することでアコースティックドラムに近い環境で気軽に練習できるので技術の向上が期待できると思います。

あまり予算が出せないけど家でドラムの練習をしたいという人には【Alesis】SURGE MESH KIT¥がオススメです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住。プレミポメリというバンドでギター担当、サウンドクリエイターをやっています。レコーディングミックス・マスタリングに関するお得な情報を紹介していきます。